子育てで体験してきた事をご紹介します

子育てで実際に体験した内容を記事にしています

赤ちゃんがハイハイしない…いつからハイハイするの?

自分で調べる為に買った本やインターネットの情報で、

ハイハイをすると言われている時期になっても、

赤ちゃんがハイハイをしないと心配になりますよね。

 

私も息子が1歳を過ぎても、

なかなかハイハイをしなかったので、

どうしても周りの赤ちゃんと比べてしまって、

不安になってしまっていた時期がありました。

 

そんな私と同じ悩みを抱えているママに、

体験談と合わせてご紹介します。

 

ハイハイしやすい環境や、

赤ちゃんと楽しく過ごすコツも、

見つかるので最後まで見て頂けたら嬉しいです。

 

8か月になっても赤ちゃんがハイハイしないのはなぜ?

私のお友達の周りの赤ちゃんは、

生後8か月頃にはハイハイしているのに、

自分の子どもはまだハイハイをしていない

と心配になっているママも居ると思います。

 

その原因をインターネット検索して調べて、

色々な育児経験者のブログの記事を読みますが、

どれが正しい内容か分からなくなりますよね。

 

実際私が見たブログの記事は、

「ハイハイは1歳ごろからしますよ!」

「まだハイハイしなくても大丈夫ですよ!」

とか答えに繋がる内容が、

書かれている記事はありませんでした。

 

今ではSNSでも育児についての情報が、

沢山溢れていますよね。

 

ですので私も実際SNSを見ていて、

「こうすればいいんだ!なるほど!」

とその通りに実際やってみましたが上手く行かずに、

SNSの情報に嫌気を差していた時期もありましたね。

 

実際に私の息子はつかまり立ちの後、

1歳頃にハイハイが出来るようになりました。

 

ハイハイが出来るまでの間は、

自分なりに色々と情報を集めては、

周りの赤ちゃんと比べてしまって不安になっていましたよ。

 

初めて子供を産みママになる人達は、

子どもが生まれる前から育児本を沢山読んだり、

赤ちゃんが生まれてからもスキマ時間に、

育児についてインターネットで色々検索したりして、

少しでも子育てについての知識を多く取り入れようとして、

本当に育児の事に対して一生懸命ですよね。

 

赤ちゃんを育てるのに、

ママとして色々と、

知っておいた方が良いですね。

 

毎日赤ちゃんと遊びますので、

毎日大きくなっていく息子を見るのは、

楽しみですよね。

 

ハイハイが出来るまでには、

うつ伏せで遊んだり、

ずり這いをしたりと、

沢山の段階があります。

 

息子がハイハイをする前は、

手の届く距離にあるおもちゃでは遊ぶのですが、

遠い所にあるおもちゃは、

自分で取りに行こうとしないで諦めていました。

 

息子は車のおもちゃが好きな事が分かって、

遠い所に車のおもちゃを置いてみると、

初めて車のおもちゃを取りに行こうとして、

前かがみになりそのまま動き出して、

ハイハイが出来るようになったんです。

 

こうした経験から、

毎日赤ちゃんは大きくなっていますので、

今まで興味が無かった物でも、

いつの間にか興味を持つように、

なるんだなと感じました。

 

赤ちゃんがハイハイする所はマットを敷くべき?

赤ちゃんがハイハイするなら、

フローリングの床は硬いので、

フローリングの床は柔らかい方がいいと思う方も、

いらっしゃいますよね。

 

床に敷くカーペットもフワフワしていて、

柔らかく気持ち良いのは分かりますが、

毎日よだれやミルクで汚れてしまった時は、

お手入れがしにくく大変でしたよ。

 

実際に私はカーペットではなくて、

汚れてしまっても「サッ」と拭ける、

ベビーマットがっとても便利で良かったですよ。

 

子供用のマットって、

お手入れが簡単な材質で作られていたり、

マットをパズル上に繋ぎ合わせて、

自分の好みのサイズに出来るマットもあります。

 

さらには子どもが好きなキャラクターから、

ママ好みの単色の色味やおしゃれ柄の物まで、

幅広い種類があって選ぶのがとっても楽しいですよ。

 

息子もよだれがよく出る子だったので、

よだれやミルクで汚れても、

サッと拭ける事が出来るベビーマットは、

本当に便利で役に立っていました。

 

私のお家のリビングは、

床がフローリングだったので、

プレイスペースにマットを敷いていました。

 

冬場は暖かくてミルクをこぼしても、

「サッ」と拭けて清潔に保てたので便利でしたよ。

 

汚れが目立ってきたら庭でシャワーで流して、

干しておくとすぐに乾いて、

とても使い勝手が良かったです。

 

あまりフワフワしすぎるマットですと、

赤ちゃんの足が沈んでハイハイしにくいので、

1センチくらいの厚みが息子には良かったですね。

 

ハイハイからつかまり立ちになる時は、

転んでしまう時もあるので、

床にはマットがあると良いですね。

 

赤ちゃんのスペースのサイズにあった、

かわいいマットを選んでみてはいかがでしょうか。

 

ハイハイで赤ちゃんと遊べる場所はどこ?

ハイハイをする時期の赤ちゃんって、

目に映るもの全てに、

興味を持つようになりますよね。

 

毎日大きくなりますので、

動きが活発になってきた赤ちゃんを、

ドコで遊ばしたら良いのかと、

お悩みのママも多いのではないでしょうか。

                          

そんな時私はよく、

芝生がある公園に連れて行っていました。

 

レジャーシートを敷いて、

レジャーシートの上で息子がハイハイして、

周りのお兄ちゃん達が遊具で遊んでいるのを、

楽しそうに見て笑っていました。

 

公園の芝生が乾いている時は、

直接そのまま芝生の上を

ハイハイさせていました。

 

半ズボンだとケガをするかもしれないので、

ケガをしないように長ズボンを、

履かせて芝生の上をハイハイさせていましたよ。

 

天気が悪く雨の日は公園は諦めて、

近くの子育て支援センターに行って、

子供を持つ親同士の交流を深めたりしていました。

 

息子は支援センターでは、

お部屋でハイハイしたり、

家には無いおもちゃで遊んだりして、

とても楽しんでいました。

 

息子には兄弟がおらず一人っ子なので、

お外では少し年齢が上のお友達や、

自分より少し小さいお友達と関わって、

沢山一緒に遊んでいました。

 

お外で散歩している時や

公園でハイハイしていると、

通りすがりの人に声をかけてもらって、

お話も出来るので私自身も楽しかったですね。

 

毎日お家で赤ちゃんと遊んでいると、

どうしても同じ遊びばかりになってしまいますよね。

 

そんな時はママも赤ちゃんも、

気分転換に散歩や公園にお出かけして、

遊んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は、

赤ちゃんっていつからハイハイするのか

ハイハイする赤ちゃんが遊べる場所、

についてご紹介しました。

 

今回紹介した記事が、

少しでもお役にたてると嬉しいです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。