子育てで体験してきた事をご紹介します

子育てで実際に体験した内容を記事にしています

赤ちゃんのおやつっていつからあげればいいの?

離乳食が始まると赤ちゃんはミルクだけではなく、

色んな食べ物に興味が出てきますよね。

 

大人が食べている物に手を伸ばす事も増えてくると思います。

そんな赤ちゃんがいつからおやつを食べたら良いか気になりますよね。

 

今回は、

おやつをあげるタイミング

簡単に出来る手作りのおやつを紹介します。

 

赤ちゃんのおやつの事で迷われている方はぜひ最後まで見てくださいね。

 

赤ちゃんのおやつはいつからあげてもいいの?

赤ちゃんは6か月ごろから離乳食を食べ始めて、

この時期から色んな食材を食べる機会が増えますよね。

 

大人が目の前でご飯やおやつを食べていると、

よだれを流して食べ物に手を伸ばす赤ちゃんもいると思います。

 

私の息子は食べ物に興味津々だったので、

市販で売っている7か月から食べられる

赤ちゃんせんべいを食べていました。

 

初めてのおやつでしたが前歯が生えていたので

かじって食べていましたよ。

 

赤ちゃんによって歯が生える時期も違うので、

初めて食べる時はせんべいを大人が小さくちぎってあげると安心です。

 

また、せんべいは飲み込むのも時間がかかるので、

初めは目を離さずゆっくり見守ってあげてくださいね。

 

食べた後、口の中が潤うようにお茶も用意してあげましょう。

赤ちゃんせんべいは口の中で溶けやすく、

喉につまりにくいのでオススメですよ。

 

他にもクッキーや一口サイズのボーロなど、

様々な種類の赤ちゃんおやつが販売されています。

 

小魚せんべいやかぼちゃクッキーなど、

離乳食を嫌がる子どもにも嬉しいおやつもあるので

ぜひお店やネットで選んでみてください。

 

固形を嫌がる赤ちゃんには飲みやすいゼリーもありますよ。

こちらも果物や野菜の味がたくさんあるので、

離乳食でお困りの方はチェックしてみてくださいね。

 

息子は離乳食もしっかり食べていましたが、

まだまだ欲しがるので、

朝の9時と15時におやつを食べさせていました。

 

おやつは絶対食べないといけないものではないと思いますので、

赤ちゃんのそれぞれの欲しがるタイミングであげると良いですね。

 

赤ちゃんの手作りおやつってどんなものがあるの?

「赤ちゃんに市販のおやつばかりあげていてもいいの?」

と気になる方もいらっしゃると思います。

 

栄養が気になって全て手作りの物を赤ちゃんにあげたい方もいますよね。

 

私も楽をしたい時は市販のおやつに頼っていましたが、

時間がある時は手作りのおやつを作っていました。

 

手の込んだものではなくて、

簡単な材料で作れる物を楽しみながら作っていましたよ。

 

最初は薄味になれてほしかったので、

蒸したお芋をよくおやつにあげていました。

 

飽きてくるとお芋を牛乳で伸ばして、

少し甘みを加えてスイートポテトを作っていました。

 

蒸しパンも食べ応えがあり野菜をミックスして、

美味しいおやつを作ってストックしていました。

 

夏場は牛乳プリンやゼリーなど、

ツルっと食べやすいものが息子には好評でした。

 

甘い系よりもしょっぱい系が好きな赤ちゃんには、

ジャガイモを使ったおやつが食べやすいですよ。

 

息子にはいつも食べやすい大きさに切って、

じゃがいもをバターで焼いて青のりをまぶして食べるのが好きでした。

 

またジャガイモを蒸して潰して、

青のりと片栗粉をまぜて焼くと簡単なおやきが出来ます。

 

材料もバターやチーズ・コーンなど、

アレンジも沢山あるので飽きなくて人気のおやつです。

 

おやきは手づかみで食べる練習にもなりますし、

余ってもおかずとして出せるのも嬉しいですよね。

 

お子さまの好みや食べやすさを考えて作ってあげてください。

 

詳しくレシピを見たい方はネットで検索すると、

動画付きで分かりやすく説明してくれるのでオススメですよ。

 

赤ちゃんのおやつの量はどれくらい?

離乳食もおやつも食べる量は本当に個人差があると思いますが

経験上、食事時間の前には食べささない方が良いですね。

 

ご飯を食べなくなります汗

 

息子はだいたい午前中と午後に一回ずつおやつを食べていました。

 

食事をしっかりとってほしかったので、

午前中に赤ちゃんせんべいを2枚、

午後にバナナを半分程度あげていました。

 

その日の食事メニューや、

体調によってあげるおやつは変えていました。

 

離乳食の食べる量が少なかった時は、

おやつにバナナやバンなど食べ応えがあるものにして

一日の食べ物のバランスを考えながらあげていました。

 

体調が悪い日は食べない事もありましたよ。

 

午前中に公園にお散歩に出かける事が多かったので、

持ち歩きやすいクッキーやせんべいをお外で食べさせていましたよ。

 

個包装のおやつや飲むタイプのゼリーは、

出先で簡単に赤ちゃんにあげられるので

ご機嫌が悪い時にもカバンに入れておくと活躍し便利ですよね。

 

まとめ

今回は赤ちゃんのおやつをあげるタイミングについて紹介しました。

 

離乳食が始まってもまだまだミルクが一番好きな赤ちゃんも多いですよね。

 

おやつを食べてくれなくて困っているママも、

果物味や野菜味などのおやつを上手く利用して

赤ちゃんが楽しく食べられるようになるきっかけになれば良いですね。

 

また食欲旺盛な赤ちゃんも大人が食べている間、

おやつタイムで静かに待っていてくれたら、

ご飯に手を伸ばしてくる心配もなくゆっくり食べられますよね。

 

それぞれの赤ちゃんのタイミングに合わせて、

家族みんなでおやつタイムを楽しんでくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。