子育てで体験してきた事をご紹介します

子育てで実際に体験した内容を記事にしています

悩む…子どもの絵本の読み聞かせはいつからが良いの?

初めて育児をしているママは、

「赤ちゃんにいつから絵本を読んであげたらいいの?」

と迷われている方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方に、

どのくらいの時期から1日のどのタイミング

読み聞かせをするのかお伝えします。

 

また沢山の絵本の中から選ぶのも迷ってしまうと思いますので、

どんな種類の絵本を選べば良いかのオススメを紹介します。

 

ぜひ最後までお読みいただけたら嬉しいです。

 

いつから絵本を子どもに渡したらいいの?

書店に行くと可愛いイラストの絵本が沢山並んでいますよね。

いつから赤ちゃんに渡すべきか迷われている方も多いと思います。

 

まだ絵本を読めない赤ちゃんに絵本を渡しても、

喜んでもらえるのかと考えてしまう方もいらっしゃいますよね。

 

私は息子にだいたい2ヶ月から3ヶ月頃から布絵本を渡していましたよ。

 

おもちゃやタオルをニギニギできる時期だったので

ちょうどこの頃にピッタリでした。

 

布絵本は触るとシャカシャカ音がなったり

引っ張る仕掛けが付いていたりと、

小さな赤ちゃんが楽しめる物が沢山あります。

 

私は最初、赤ちゃんに布絵本を渡す前に、

一度読んであげてから渡していましたよ。

 

何でも口に入れて確かめる赤ちゃんには布絵本は安心です。

よくミルクやよだれで汚れていたので、

手洗いして天日干しをしていました。

 

また紙タイプでもが分厚くて丈夫で、

破れにくい赤ちゃん絵本もたくさん出ています。

 

動物から乗り物など、

子ども達が好きなイラストがたくさん描かれています。

 

落としてしまって時にも安心な、

軽くて安心で持ちやすいサイズの絵本もありましたよ。

 

また赤ちゃんは、

「いないいないばぁ!」が好きな子も多いと思いますので、

色んな表情の顔や動物が飛び出す絵本

とっても喜んでくれました。

 

息子は2歳になった今でも飛び出す絵本が大好きで、

「よんで~」

と私の所まで持って来るくらい気に入っています。

 

赤ちゃんが絵本をぺらぺら自分でめくれるようになれば、

字が読めなくてもイラストを見てる姿はとても可愛いですよ笑

 

実際本屋さんでいろんな種類の絵本を見て選ぶのも楽しいですよ。

 

気軽に買い物に行けない方は、

ネットでも買えるので覗いてみてくださいね。

 

子どもに絵本の読み聞かせをするのはオススメ!

「言葉をまだ話せない赤ちゃんに読み聞かせをしても意味あるの?」

と思われる方もいますよね。

 

どのくらいから読み聞かせを始めたら良いのか

気になる方もいらっしゃると思います。

 

私は息子を妊娠した時から絵本は読んでいましたよ。

お腹をなでたり好きな音楽を聴いたりしながら

生まれてきたら読むと決めていた絵本も読んであげていました。

 

可愛いイラストやほっこりした内容の絵本は、

読んでいてママ自身が楽しくなり

妊娠中も落ち着いた気持ちで過ごせるのでオススメです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

絵はまだしっかり見えない時期でも読んであげると、

息子は喜んだ表情をしてくれて嬉しかった記憶があります。

 

目が見えるようになってくると、

バウンサーやラックに乗せている時に、

絵を見せながら読み聞かせが出来ます。

 

首が座ってくると、

ママのお膝に乗せてあげて読み聞かせをしてあげる

息子は大喜びしていました。

 

息子にはお昼寝前や、夜の寝る前に毎日2回程読んであげていました。

絵本を読んだら寝るというルーティーンも出来て良かったですよ。

 

また病院や外食に行く時にも小さな絵本は持ち歩いていました。

 

小さなサイズの乗り物図鑑は、

出先でも夢中になって見てくれるので

静かに過ごせて便利でしたよ。

 

読み聞かせを小さい時からしていると、

本に出ていた物の名前も覚えて言えるようにもなっていたので、

私自身が驚いた経験をした事があります。

 

散歩に行って虫をみつけた時も、

「絵本でみたね」

と息子の方から虫の名前を教えてくれるようになりますよ。

 

会話も絵本の中から覚えることが多かったので

赤ちゃんの頃から絵本は繰り返し読んでいました。

 

絵本の読み聞かせは、

子どもにとって嬉しいポイントが沢山あるので

ぜひお家で読んであげてくださいね。

 

子どもが絵本を読まなくても絵本が大好きになる方法!

テレビを見てばかりで絵本に興味をもってくれなくて、

困っているママは多いのではないでしょうか。

 

最近はテレビや子ども向けの動画も

おもしろい物がたくさんあります。

 

私も家事で忙しい時はテレビに頼ってしまった事もありました。

 

でもテレビや動画より、

学ぶことが沢山ある絵本は沢山読んでほしいですよね。

 

私もテレビを子どもに見せ過ぎる事は少し嫌だったので

家の中を絵本に興味がいくような環境に変えました。

 

本棚に絵本はあまり沢山入れすぎずに、

息子が好きな乗り物の絵本を多めに入れました。

 

あまり沢山の絵本を置いてしまうと逆に多すぎて選べなくなり、

沢山出しても読まずに終わってしまいます。

 

表紙の絵が見えて自分で選んで取りやすいように置きましたよ。

そして内容も同じのを置いていると飽きてしまうので、

図書館で借りて色んな絵本を読めるようにしていました。

 

子どもが好きな絵本を沢山選んで借りて

興味をもってくれるようにしていましたよ。

 

息子にも自分が読みたいものを選んでもらっていました。

絵本棚の横にソファーやクッションを置いて、

すぐに読めるスペースもつくりました。

 

すると息子は絵本を読む時間が増えて、

「ママ一緒にみよ!」

と誘ってくれるようになりましたよ。

 

寝室や階段にも少しだけ絵本を置いていて、

どこの部屋でも絵本がある環境を作る事を意識しました。

 

寝る前の読み聞かせは子どもに選んでもらっています。

自分で選んでくれた本は興味がある内容なので

最後まで集中してみてくれますよ。

 

出掛けた時に見た動物など、

一緒に絵本で探したり1日を振り返ってお話したりと、

親子で楽しいコミュニケーションの時間が増えるのも嬉しいポイントです。

 

「これなに?」

と質問してくれるようになる年齢になると、

知らないことを知るチャンスにもなります。

 

「乗ってみたい」

と絵本でみた乗り物に乗せてあげて

絵本を通して初めての経験をさせてあげることも出来ますよ。

 

こういった経験や新しいことを覚えられるなど、

メリットがたくさんあるので、

出来る事から一つずつお家で取り入れてみてくださいね。

 

まとめ

今回は絵本の読み聞かせについてお伝えしました。

 

赤ちゃんがいるご家庭は、読み聞かせはすぐに始められるので

おうち時間にぜひ親子で楽しんで下さいね。

 

息子が赤ちゃんの時は絵本をビリビリに破いていたので、

中古の絵本もよく買っていました。

 

中古の物だと値段も安いので破られても気にせず、

好きに遊ばせて読んでもらっていました。

 

絵本を大切に扱えるようになってからは、

新品の物を多めに買うようにしていましたよ。

 

絵本の読み聞かせはママだけでなく

ぜひパパにも読んでもらい、

家族で楽しんで赤ちゃんとの時間を充実させてくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。